« 鳥・トリ・とり | トップページ | 夏子の酒 »

紺綬褒章ブルース・ハーピスト!?

あーらま、地元の造り酒屋といえば、「多摩自慢」なのですが、そこの石川太郎社長(!)が紺綬褒章を受章されたそうです。

こういうときはヤッフー探索が便利です。実は「サマソニ」というのも最初は「なんだろ?」と思ったのですが、これですぐに調べました。たはは。Nacomiさんへの投票、ありがとうございました。最終日に驚異的な伸びをみせたそうです。なんかその日だけこのブログも2000アクセス突破していましたし・・・。
 あと関係ないけど、うちの子は「パパー!”きんぱつ”食べる!?」と言って、驚かせていました。みたら”きんつば”の間違いでしたけど。

 太郎くんがブルースハープをやっていたなんて、知らなかったです。音楽活動のほうは全部チャリティーにまわしていたところが評価され、紺綬褒章になったようです。コングラチュレーションズ!http://www.youtube.com/watch?v=-h8ybSbtA14
 それにしても、この映像をみて怖いと思ったのは、高校のときからまったくといっていいほど、太郎くんの風貌が変わっていないこと。昔からチャ―に似ていました。
 本物のチャ―さんは奥さんの実家が西国分寺にあり、わりと地元では見かけましたから、ややこしかったりしたのです。

 私は短大を卒業して半年会社勤めしただけで、ずっと45歳までこういう生活をしてきたから、どうも知識と人脈がかたよっているのです。太郎くんとは東海大の文化祭か何か、友だちと遊びにいって会ったのが最後かな?

 私の出身高校は都立府中高校です。あの中大の教授刺殺事件の犯人が府中高校の出身と聞き、びっくり。あとは布施明さんと高田純二さんが卒業生なんだそうです。でも、この方たちは私とは世代が違いすぎます。太郎くんは同じ年。府中高校で記念式典なんてあると、卒業生代表の名士としてこの石川太郎くんが呼ばれるそうなのですわ。なんか想像するだけで楽しくなります。

 私服でわりと自由な校風なので、太郎くんがバイクで登校したりして、当時からなんとなくめだっていました。休み時間に公衆電話にいて、「天気がよくなったから、お手伝いさんにふとんをほしてもらった」なんてさらっと言っていましたし。
 バスケ部の男子たちは夏休みは「多摩自慢」でバイトして、「オレたちって路傍の石だよな」なんて学のあることを言っていました。
 でも、悪く言う人はいなかったと思います。なにげに人間の器がでかさを感じさせ、きどったところがない太郎くんはみんなから好かれていたと記憶しています。
 老舗の跡取りって傍から見ているほど楽ではない、と知ったのも太郎くんのおかげかも。ぐちっぽいところはなく、いつも笑顔でしたけど。川島紀子さまが皇室に入ったとき、「見習って太郎くんもがんばれ」みたいに皆で励ました記憶があります。何をどう頑張るのか、よくわかりませんが、青春なんてそういうものなのかもしれません。


« 鳥・トリ・とり | トップページ | 夏子の酒 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534163/45596063

この記事へのトラックバック一覧です: 紺綬褒章ブルース・ハーピスト!?:

« 鳥・トリ・とり | トップページ | 夏子の酒 »