« お願い! | トップページ | 井形慶子著「イギリス人の格」 »

絵心のある写真

 実は昔、友だちのお父さんが主催していた写真教室に通ったことがあります。
 仕事にもそれなりに生かせていると思うし、雰囲気もよかったのです。
 けれども、写真というのはつくづく天賦の才能によるものが大きい、と悟りました。

 考えてみると、バブル期にはずいぶん有名なフォトグラファーさんたちと仕事する機会をもちました。話題になったタレントの写真集やカレンダーを撮った方たち。裏話は面白かったです!

 今は絵をみるより、写真のほうが好きかも。

 目ばかり肥えてしまった私が今いちばんお気に入りなのが、この方の写真なのですが、どうでしょう?
 
 http://www.jeannedarcpix.com/
 
 まだ若いし、写真をはじめて日が浅いそうですが、かなりすごいものを感じました。もともと絵をやっていた人と聞き、納得した部分もあります。絵心があるし、なんでこんな色がだせるのか・・・。水しぶきなんて、1つ1つが光の粒でしょう?


« お願い! | トップページ | 井形慶子著「イギリス人の格」 »

コメント

確かに写真綺麗です。
道具(カメラ)も大変な要素ですね。

最近はどんな業種でもアマが凄いと個人的に思います。

お元気で。

投稿: Angelina | 2009年6月22日 (月) 04時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534163/45391107

この記事へのトラックバック一覧です: 絵心のある写真:

« お願い! | トップページ | 井形慶子著「イギリス人の格」 »