« 天才と凡才 | トップページ | ブルースの女王、逝去 »

Depatures (Okuribito)

集英社の「スポルティーバ」に福留孝介選手の記事を寄稿しました。
 先週はリグレーフィールドで7連戦があり、カブスづけ。福留選手も協力的だったので、面白いエピソードはたくさんあったのですが、ページ数がかぎられていて、残念。また後半戦にじっくりインタビューしたいものです。

 そんな折も折、「パパはね、何か心配ごとがあってもママに心配かけたくないからって、昔からぎりぎりまで話してくれないのよねー」なんて話を長女としていました。
 思えば、結婚してすぐ、伝染性の病気(インフルエンザではありません)にかかったときもそう。
 去年の9月、私がちょっと留守にしている間、地下が水害でうまったときもそう。
「前もって話すと心配すると思ったから・・・・」と言われても、現実に直面して地下を大掃除するのは私なんだから。(夫はそのとき交通事故の直後でまだ松葉づえだったのです。シャワー室にイスをもちこみ、座ってもらって体を洗ってあげたりもしました。アメリカは退院が早いから家族でサポートしないとね、日本からは誰もこないし(笑)
 
 話はそれたけど、長女が「パパってdepatures みたいだね!」と言ったので、大笑い。
 depatures というのはアカデミー賞で話題になった「おくりびと」のこと。子供にはまだ早すぎるかと思ったけど、すごく楽しんでいました。
 たしかにアメリカは土葬中心だからありえそうにないけれど、夫も最初は心配して私には本当に職業を説明しないような気がします。

 まだ14歳なのに、実は非常にいろいろと苦労をかけてしまっています。心配がつきません。
 私がついうたた寝をしてしまい、まだ6歳かそこらだったのに自主的に下の子のおむつを替えていた記憶があります。
 今も「パパに食べてもらう!」と言って、ほぼ毎日キッチンで昼食と夕食を用意して、合間にはオーブンでお菓子づくり。
 先日それをマサキ・ラッシュさんにさしいれしたところ、それはもう喜んでもらえました。
 人を喜ばすこと。料理も仕事も家族も友人関係も基本はそれに尽きてしまうのではないでしょうか。その逆は×。足をひっぱりあうような関係はごめんです。
 


« 天才と凡才 | トップページ | ブルースの女王、逝去 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534163/45222749

この記事へのトラックバック一覧です: Depatures (Okuribito):

« 天才と凡才 | トップページ | ブルースの女王、逝去 »