« クスクスなど | トップページ | 天才と凡才 »

アメリカは自己破産大国

 この10年で友だちとか、ちょっとした知り合いとか、仕事で関わった人とか…考えてみると、10人以上が自己破産していて、そのうち何人かは偽装離婚して家族を守っています。否、親しい友だち以外もいれたら、10人なんて数じゃ足りません。

 たとえば、私の母や妹はそんなに知り合いが自己破産&偽装離婚なんてしているわけがありません。やっぱりフリーランスのはかなさといいますか、浮草稼業のあやうさといいますか、類は友を呼ぶといういいますか・・・。大病したら、一貫の終わり。明日はわが身なのです。(まあ、日本人だから日本に帰るという選択枝がありますね。国民健康保険も国民年金もはいっています)。
 老後は仕事する気がないから心配していないんだけど、明日あさってに何が起きるのか、出版社や広告主が倒産してしまったら、仕事がキャンセルになってしまう可能性だってあり、心配ごとは尽きませぬ。

 今まで3人から自己破産と偽装離婚の体験を生かし、小説か本を書きたいという相談をうけました。しかし、また説明すると長くなるのではしょりますが、いろいろな理由が重なりあい、このテーマを本にするのは楽な作業ではないようです。
 つい先日もそんな話題になり、そのとき少し調べたのですが、日本とアメリカでは自己破産事情や条件がだいぶ違うようです。

 アメリカは今回の不況が起きる前から、毎年150万人が自己破産する自己破産大国。日本で自己破産する人の負債は500万円が平均だそうですが、アメリカの場合は2万ドルが平均、つまり200万円以下でわりとすぐに自己破産してしまうのです。
 それから、サラ金においかけられるから偽装離婚なんていうのが、ほとんどアメリカではありません。試しに探索してみたら、「偽装離婚」ではなく、「偽装結婚」のほうがずっとたくさんヒットしました。

 そして、日本はクレジットカードの破産が多いのに対し、アメリカは医療費が原因になっているケースが大半なのです。あとアメリカの場合は破産に2種類あり、必ず住む家と車が取り上げられるわけではありません。
 いちばん困るのはクレジッドカードが使えなくなること、それから10年はローンも組めないし、まともな賃貸アパートだと入居契約を断られたりします。
 でも、まあ、クレジットカードが使えないからといって、命までとられるわけじゃなし。
 住居にしても親か友だちの家にとりあえずアメリカなら、ころがりこむという手があります。
 友だちの元だんなさんも、そうやって友人のトレーラーズハウスで暮らすようになり、その友だちも家賃を半分もってもらえるから、助かっていると聞きました。(トレーラーズハウス暮らしって中は思ったより広いから快適だし、維持費も思ったほどは安くないそうです)
 日本のようにちゃんとまじめに働いていた人が、派遣切りにあったからといって、いきなり公園で年をこすなんていう状況はやはり異常だと思います。

 さすがに見ず知らずのホームレスの方と同居するわけにはいきませんが、困っている友人がいたら見て見ぬふりなんかできないと思います。
 夫の友人(アメリカ人。故人)も破産した後2か月ぐらい、うちに居候していたことがありました。電話がひけないからポケベルでケータリングの仕事をしていました。すぐに日本人女性を口説いて、さっさとラスベガスで(前の妻と正式に離婚していなかったため。ラスベガスは入籍手続きが簡単なのです。逆にIL is one of the worst states to file for divorce. なんだそうです)
 結婚した後、彼は彼女のクレジットカードを使っていましたが、これらはもちろん違法です。
 でも、彼なりに必死で生きていて、はぶりがよかった頃に戻ろうと頑張っていたのだと思います。残念ながらその願いはかなわず、まだ若いのにテレビを見たままの姿勢で、突然死していたそうです。

  日本で私の友だちは組をやめた後、政治結社団体に入り、それもやめた後は総会屋の社員になったのですが、民法が改正されて総会屋はやっていけなくなり、サラ金の取り立ての仕事をしていました。副業でアルタのうしろで薬を売って、警察と追いかけっこしたり・・・。彼はわざとクレジットカードでたくさん買い物して、自己破産していました。
 
 ああいう仕事ってアメリカでは不思議と聞きません。ギャングはギャングです。ギャングが強盗やドラックディーラーになる人はいても、クレジットカードの取り立てはあくまで金融関係者の仕事です。


« クスクスなど | トップページ | 天才と凡才 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534163/45193273

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカは自己破産大国:

« クスクスなど | トップページ | 天才と凡才 »