« ミニッツジムVS Wil フィット | トップページ | メモリアルデー »

映画「アイスキャッスル」

 私は「アイスキャッスル」という映画が好きなのです。
 ロッキーシリーズで北米が盛り上がった頃、作られたスポーツ根性ものなのです。
 主人公はシカゴの子で、デビッド・サンティーがはじめてデートしたガールフレンドだったという微笑ましいエピソードもあります。
 将来が有望視されていたスケーターが主人公なのですが、途中で失明してしまうのです。でも、恋人やコーチに励まされ、失明したことを隠したまま、競技会に出場してしまいます。
 音楽もすばらしく、ずっと昔、荒川静香さんのホームページで、滑ってみたい曲として「アイスキャッスル」を目にした記憶があります。

 でも、さすがに古い映像になってしまいました。
 今アメリカでは新しいキャスティングで、「アイスキャッスル」のリメイク版が撮影進行中。モーリー・オブライエンというシカゴの子がスケートシーンは演じているそうです。「てるてる家族」の今川知子さんのように。(笑)
 ミシェル・クワンはテレビ解説者として出演!

 さてさて、「カッティングエッジ」の最新版もいよいよ発売になります。私もちょっぴりお手伝い。中庭健介選手の原稿はこれまで何度か書いてきたので、ちょっとひねりを加えた自信作です。
 本の内容がamazon.co.jpにアップされていました。
 重版も予想されますので、ぜひ予約してください。



« ミニッツジムVS Wil フィット | トップページ | メモリアルデー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534163/45121426

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「アイスキャッスル」:

« ミニッツジムVS Wil フィット | トップページ | メモリアルデー »