« ライサチェックの近況など | トップページ | 言葉にならない »

光くん


ママ友だちはみんな読んでいる定番中の定番。新刊をヤッフーで読んでしまった。
「現実はあんなに甘くないよね」
「あのマンガにでてくる人って、みんないい人すぎるもの」
「あんなにまわりが理解者ばかりだったら、苦労はしないわよね」
 なんて、文句を言いつつ、ついつい読んでしまう。それにいい話だと思う。
 うちにホームステイした子たちもみんな夢中で読んでいて、「つづきが気になるー!読みたい!」と叫んでいた。
 自閉症を理解してもらううえで、やはり漫画やドラマは早道だし、漫画としても物語としてもクオリティが高いと思う。
 次から次へと主人公ファミリーを訪れる試練。
 4000万円以上で買ったマンションを売ろうとしたら、1000万円を切っていると言われてしまうシーンがあり、リアリティあるわぁ。
 光君のことも自閉症のことも理解してくれようとしない姑と同居に踏み切るのだから、問題が起きないわけがないのだ。
 読んでいて、涙がでてきた。
 
 でも、シカゴで近所に住む障害児ママ友だちの発想だと、こういうときこそ「これを乗り切れたら私の人間力が増すこと間違いなし 」とスリル満点な心境になってしまうそうだ。これはこれで素晴らしいことだと思った。


« ライサチェックの近況など | トップページ | 言葉にならない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534163/44878627

この記事へのトラックバック一覧です: 光くん:

« ライサチェックの近況など | トップページ | 言葉にならない »