« マイケル・ジョーダンの息子 | トップページ | スカイプおそるべし »

ぜいたくな出産

 さすがにもう疲労困憊。
 私の願望は直木賞作家になることでも、ワールドチャンピオンになることでもなんでもない、家族で楽しく暮らし、好きな仕事をささやかでもつづけること。でもでも、それってなんて難しいことなのだろう。
 すごく生活なんて地味で、こつこつ働いているつもりなのに、どうして足をひっぱる人間が次々と現れるのか。
 
 人にやさしく生きるって、そんなにむずかしいことですか?あらさがししたり、いやがっているのに強引におしつけたり、いじわるに生きるより、ずっと楽しいことなのに。

 詳しくは書けないのですが、子供たちに助けられているなーと感じる今日この頃。いつも食事をつくってくれる長女はもちろんのこと、次女も存在自体が私のことを守ってくれている。今日はなんて感謝したらいいのか、言葉が見つからなかった。涙がでそう。
 もっと何年もたってから、本に書けたらいいなぁー。

 子供たちがいなかったら、とくに才覚がない私なんかアメリカでのたれ死にしていたかも。

 たくさん辛いこともあったけど、やっぱりすべての出会いに感謝。
 最近もまた新しい人物と知り合い、発見の連続だ。

 がしかーし、私のシカゴ生活もそんなに長くないかもしれない。もちろんすぐにやめてしまうようなことはないが、少しずつ日本、あるいは北米でも他の都市に拠点を移していくことを考えている。いつ引っ越ししてもいいように、せっせと家の中を片づけているんだけど、思い出の品々ばかり。
 とくに本はなかなか捨てられませんな。

 さて、私が出産するときも、この本があったらわかりやすかったのに!
 この本の中でまついなつき著「笑う出産」をほめてあったが、あれも出産前に読みたかったな。

 それにしても、横森里香さんとか、こういう人たちの本には江原さんがさらっと登場するあたり、すごいなぁ。私も出版系のコネを使ったら、お会いできるのかしら。


« マイケル・ジョーダンの息子 | トップページ | スカイプおそるべし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534163/44785172

この記事へのトラックバック一覧です: ぜいたくな出産:

« マイケル・ジョーダンの息子 | トップページ | スカイプおそるべし »