« プリズン・ガール | トップページ | 野口英世といえば »

槇村さとる著「あなた、今、幸せ?」

ほぼ同業で、年齢も同じ。2人子供がいて、一人が障害児。夫は婚外恋愛新婚中という友人が、ついに入院した。でも、なかなか快適な生活だとか。

 私が最後に完全休養日をとったのって、いつのことになるかなぁ?
 少なくとも3年ぐらいはないと思う。
 そして、次の休養日はいつになるのだろう?死ぬまでなかったりして・・・。
 だから、交通事故にはものすごく気をつけて運転している。入院なんか許されっこないもの。

 5年ぐらい前、メニエールでぶっ倒れたときは、某編集部に迷惑をかけ、たちまち疎遠になったみたい。自由業ってはかないというか、シビアというか。使い捨てライターみたいなものだ。反省はしているけど、ぶっ倒れちゃったんだからねぇ。その後、雑誌のほうが私より先につぶれちゃったけど。
 40度の熱ぐらいなら、抗生物質やら漢方やらで無理やり症状をおさえ、原稿を書いてベビーシッターに助けてもらいながら、子供の面倒みていた。
 2度の出産も24時間後には退院していた。あのときは母が手伝いにきてくれたから、少し休めたが、取材と原稿は代役がいなかった。
 卵巣のう腫が破裂して緊急手術になったときは3日入院。でも、あれってたしか1995年。長女が生後4か月だったし、野茂がドジャースデビューしてまもなかったから、やっぱり仕事と子育ては休めなかった。

 槇村さとるの第一エッセイ「イマジン・ノート」もよかったので、「あなた、今、幸せ?」も購入してみた。
 12歳のとき父親から性的虐待・・・。何、それ。内田春菊の本と取り違えたかと思った。でも、読後感はいい。事実婚の相手、キム・ミョンガンとの共著なので、救われている感じがした。

「あなたの人生の満足度は何パーセント?」という一文に少し考えこんでしまった。
私は幸せ度120パーセント、不幸度120パーセント、満足度120パーセントといったところかな。


« プリズン・ガール | トップページ | 野口英世といえば »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534163/44300326

この記事へのトラックバック一覧です: 槇村さとる著「あなた、今、幸せ?」:

« プリズン・ガール | トップページ | 野口英世といえば »