« ひとりごと(ぶつぶつ) | トップページ | フランス料理など »

ひとり紅白!



 次女は小さな頃からコテコテのブルースを好んで聞いたりしていた。途中でCDを変えたら、顔をしかめてパパの手の動きをとめ、もとのハウリン・ウルフにもどしたことがあり、むちゃくちゃ失礼やん!

 しかし、長女はまったく無関心なのだから、その上をいく「失礼」ぶり。パパのCDをはじめて聞いたときも、「いつも聞いている曲ばっかりで、つまらない」とぐさっ。それは地下で練習しているのだから、音はもれてくるけど。
「コンサートとかさ、わざわざ出かけていく人たちって、何をしにいくんだろうね」
 なんて、ぼそっと一人ごと。

 ライブハウスは21歳以下は入場禁止なので、昼間のフェスティバルは連れていくようにしていた。家族席で無料だから、ありがたみがないのかなぁ?

 今までお金をだして行ったコンサートは、「WIGGLES」ぐらい。これはオーストラリア出身で、子供たちに人気のある「歌のおにいさん」のグループだ。子供チャンネルでコーナーをもっていて、グッズもいろいろでていて、全米巡業コンサートもチケットもすぐに売り切れになってしまう。

 次女はフリークなので、のりのりだったが、長女はじっとイスに座っているのが苦痛という様子だった。
 これはNHKの「おかあさんといっしょ」と同じぐらい吸引力があるので、子供にはおすすめ。英語もすんなり耳に入ると思う。
 こういうノリで、夫に「子供向けのブルースギター教則ビデオをつくったら?」と提案したけど、却下されたみたい。いいアイデアだと思ったんだけど。
 
 長女はアイポットだって流行すると一応ほしがった。が、結局はすぐに飽きてしまい、もっぱら次女が愛用している。

 私自身、音楽をかけるのは運転のときだけで、家にいるときはむしろ音なしが望ましい。
 でも、友だちの影響で小学校のときは、たしか毎月のようにNHK交響楽団の定期コンサートに通ったものだし、サザンオールスターズだってもちろん行った。
 この「ひとり紅白」はDVDで絶対に買うつもり。もう予約いれちゃった。
 
 アメリカにきてからはポール・マッカートニーかな。なぜか某野球評論家たちと。
 シカゴ・シンフォニーはJALの機内誌の仕事で行ったっけ。
 他にも山下洋輔さんとか。結婚したばかりの頃はいろいろ連れて行ってもらったなぁ。

 子供が生まれた後は仕事との両立が大変で、なかなかそういう時間がとれない。
 だから、アルフィーの高見沢さんからライブCDをいただいたときは、うれしかった。高見沢さんはNBAフリークなので、私の著作をよく読んでくださり、あちこちで紹介してくださったのだ。

 私が次の機会、コンサートに行く時間がとれたら、誰のに行くかな。やっぱり玉木宏かな。
 


« ひとりごと(ぶつぶつ) | トップページ | フランス料理など »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534163/44406099

この記事へのトラックバック一覧です: ひとり紅白!:

» }05v7D092100P0DwE508B [紅白]
先日のことです。私の友人が教えてくれたんですけど紅白についてたくさんの資料を・... [続きを読む]

受信: 2009年3月22日 (日) 00時23分

« ひとりごと(ぶつぶつ) | トップページ | フランス料理など »