« 「世界満腹紀行」ですと? | トップページ | 車の思い出 »

まったくもう・・・

中川前財務相が辞任。ちょっと叩かれただけで弱いなぁ。
ただやっぱり中川さんは、まずかったかな。
 欧米人は飲酒と喫煙と体重コントロールには厳しく、自己規制ができてないと判断してしまう。マリファナにはすごく甘いのに。オバマ大統領だって、若き日のあやまちとしてマリファナのことを告白しているが、誰もたいして問題にしなかったもの。
 シャーロック・ホームズの原本をネットで見つけたから、なつかしくって読んでいるけど、ホームズはコカインばかり吸っている。

 それにしても、毎日新聞の記事はへんだった。気持ちが悪い。
「女性記者」「女性記者」「女性記者」って・・・、
「新聞記者」じゃだめなのだろうか?いちいち「男性記者」とか「女性記者」とか、性別を書く必要ないと思うのだが、何を意図しているのだか。

 「ブッシュ大統領に”男性記者”が靴を投げた」なんて事は書かないでしょう?ちゃんと裏をとった事実ならば、記者の名前を書くか、イニシャルにすればいいのに、私憤でもあったんじゃないかと疑いたくなる。

 「女性記者」は一緒に飲んだのにどうして中川さんをとめなかったのか、と批判したいのだろうか?新聞記者はベビーシッターでも家庭教師でもないよ。財務大臣相手に、「お酒はもうおやめになったら?」なんて言えるわけないし、言う義務だってない。

 あ、でも、私はマリファナとかコカインのことは、たまに選手に説教する。マイナー落ちしたり、ハイソサエティなパーティーでは(ドライド・グッデンだってVIP級のバーティーにドラック・ディーラーがきていて、誘われたと自伝に書いている)意外と簡単にまわってくるから。大リーガーとか日本人留学生とか、お金もっているから売人にとってはいいカモなのだ。
「誘われても、絶対に手をださないように。日本人の場合は簡単に強制送還になるから、はめられないようにね」
 
 だいいちその「女性記者」は記者会見を記事にできないほど、べろべろに酔っぱらったのだろうか?
 昨日書いたヨッシー小池だって、カバみたいに飲む。それでも、ちゃんと仕事する。二日酔いだろうとなんだろうと、そんなのは仕事人として当然のことだ。

 そういえば、「小池さんの本、ほしいな」
 と長女が言うので、本屋に買いに行った。日本語の本をほしがるなんて、本当に珍しいことだから。
 とはいうものの、どのジャンルに属す本なのかわからないから、さがしようがない。スポーツ?フード?
「店員さんに聞いてよ、ママ」
「えー!」
 仕方ないから聞いた。
「あのー、新刊をさがしているんですけど」
「はい、なんという題名でしょうか」
「あのー、ヨッシー小池の世界満腹紀行
です」
 なんだかちょっと口にするのが恥ずかしくなるような題名で、店員さんも「はあ」と笑っていた。本棚に並べると題名がわからなくなるから、普段はカバーをつけてもらわないのだが、今回はつけてもらった。

「あ、ママ、オダちゃんがでているよ」
「ホントだ。ははは」

 しかし、いきなりオダちゃんが登場したって、うちはともかく、読者に意味が通じるのだろうか?
 ドラコミのサノさんまで!
 尾尾尾さんも!(爆笑)
 
 200店ぐらいは出ているから、それぞれの店が10冊ずつ買ったとして、2000部は確実にさばけそう。
 関係者の写真も意味なく200人ぐらい載っているから、その人たちが10冊ずつ、家族がさらに数冊は買いそうだから初版は軽くさばけるな。
 
 まんまと小池さんの戦略にはまったような気がする本だが、980円の価値はあった。(負けおしみ!?)
 ラーメンのおいしい店が紹介してあるのがうれしいし、私とは取材先がだぶるから、便利だ。行ったことがある店も多いけど。
 野球選手が行く店とかなりかぶっているから、そういうのに興味ある人はどうぞ。


« 「世界満腹紀行」ですと? | トップページ | 車の思い出 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534163/44122549

この記事へのトラックバック一覧です: まったくもう・・・:

« 「世界満腹紀行」ですと? | トップページ | 車の思い出 »