« なまいき始め 私の転職・留学物語 | トップページ | マイ・ブーム »

タイム・パッセージ―時間旅行

 最近になってやっとアフリエイトというものが理解できるようになった。
 私のブログで紹介された本のリンクをクリックして、読者が購入した場合、私のほうにポイントが加算されるらしい。

 もちろん収入なんかたかが知れている。1冊売れて48円とか53円とかいうのがほとんどだけど。そんなことは二の次。自分のブログをとおしてどこかで誰かが本を購入しているなんて、不況の出版界に貢献しているようでうれしいのだ。
 「PASSION」はダントツで売れているみたいだし、そこを通過して他のフィギュアスケート本も売れているようです。意外と動いていないのが野球関連。私ってベースボールライターが本職なのに。

 不況だからって、ものを買わないとデフレが進行するだけだから、本当に必要なものはどしどし買いましょう。安くなっているから、お買い得だし。私はなんだか最近ネットで本と家具ばっかり買っている気がする。

 タイム・パッセージ―時間旅行は昔からお気に入りの1冊だった。たんたんと自分のことを語っているのだが、なにげにすごいエピソードばかり。
 トリプルアクセルだけは他のジャンプと違って私は3か月がかかってしまった・・・というくだり。

 3か月でトリプルアクセルって男子でも、そうはいないと思う。

 あとザンボーニ(製氷車)がホームリンクにはなかったから、コンバルソリの練習をするのが大変だったとか。ザンボーニがなかったら、氷上はざらざらのまま。コンパルソリって氷上にトレースを重ねていく競技なのに・・・。

 それから、山田満知子先生の「あなたはサルだったのよ」というくだりに爆笑。昔はただスケートして飛んでいたら、それだけで満足していた。でも、だんだん成長していろいろなことを悩み、考えるようになった。
 これはすべてのスケーターにあてはまるかも。
 うちのサルも昔はただ楽しくって、はしゃいでいたけど、今は日本語もかなり聞き取れるようになり(漢字はだめだけど)、考えたり、悩んだりするようになった。とりあえずスケートはしばらくつづけるそうだ。
そうそう、石野陽子主演の「伊藤みどり物語」がyoutubeでアップされているのを発見。夢中で見ていた。

 とはいえ、この本は私の手元に今はない。家の外に持ち出していないから、絶対どこかにあり、何度もさがしているのだけれど、見つからない。
 ほんと、靴下の片っぽと「タイム・パッセージ」だけは、家の中に異次元空間があって、どこかに消滅しているとしか思えないのだ。

 中古では安く売っているみたいなので、買いなおそうかと思っている。この1円という値段とは別に送料と手数料が加算されているから、同じこと考えている人は気をつけてください。それにしたって、安いけど。


« なまいき始め 私の転職・留学物語 | トップページ | マイ・ブーム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534163/44179853

この記事へのトラックバック一覧です: タイム・パッセージ―時間旅行

« なまいき始め 私の転職・留学物語 | トップページ | マイ・ブーム »